チン族肩掛け布

少数民族チン族織物

- 商品詳細 -

こちらはミャンマー(ビルマ)西部に暮らす少数民族チン族による肩掛け布です。
ハリのある地厚めの布一面にはとても緻密な織り文様が広がり、両サイドには黄色と白のシードビーズが細かにびっしりとあしらわれております。
一見、刺繍や浮紋織りのように見える織りですが、裏側には模様や色糸は現われずに無地となる片面縫取り織りの技法によってつくられております。
織りに長けたチン族の織物を、どうぞお楽しみ下さい。

- 用途など -

胸当て布と腰衣と共に、チン族とムル族(ムロ族)の正装として使用されるこちらの肩掛け布。お気に入りの家具のアクセントやテーブルランナーなどお部屋のインテリアに、そして生地素材などとして、アジアの息吹を暮らしの中で様々にお楽しみ下さい。

【備考①】

こちらのチン族の織物のビーズ部分には、多少は不揃いの所がございます。ご注文の際はその点をご了承の上お願い致します。織物の状態についてご不明な点がおありの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

【備考②(チン族とムル族の織物について)】

この度ご紹介させて頂くこちらのチン族の織物は、バングラディッシュのチッタゴン丘陵~ミャンマー北西部に暮らすムル族(ムロ族)の肩掛け布と共通スタイルの物となります。
ムル族はチン族との関係が非常に深く、所によっては両民族が混在して暮らしている地域もあり、チン族の一派(サブグループ)とされることもある程です。
織物にもチン族の織り技法と類似の点が見られ、民族衣装も非常に似通っております。

〔注〕サイト内文章・画像の無断転載・使用はお止め下さい。


チン族肩掛け布

商品番号 T-BC-036
サイズ 34×150cm(フリンジ除く)
素材 綿/ビーズ
生産地 ミャンマー(ビルマ)
価格 15,000円(税込)


こちらの商品は1点物です

・こちらの織物は送料無料です・

◆ 配送&送料について ◆
(こちらでご確認下さい↑)