ナガ族ボディクロス(ブランケット)

少数民族ナガ族織物

- 商品詳細 -

インド北東部からミャンマー(ビルマ)北西部の国境上に暮らすナガ族による、大判でしっかりとした質感を持ったコットン製の織物ボディクロス(ブランケット)です。
ナガ族はインド北東部ナガランド州に約200万人、ミャンマー(ビルマ)北西部ナガ州に約10万人が暮らしており「最後の首狩り族」とも称される山岳民族です。
ナガ族がつくり出す染織品や装飾品には力強さと民俗風習が色濃く反映されたものが多く、多くの愛好家がおります。
こちらのボディクロスは2000年頃につくられた物で、茶色・こげ茶・黒・ベージュを基調としたライン状のデザインの織物で、黒や濃い目の朱色で縫取り織りされた幾何学文様がポイントとなっております。
アジアでつくられた織物でありながら、その枠に留まらない独特の力強い風合いが魅力の織物です。

- 用途など -

ボディクロスはかつては日常の衣服として様々なスタイルで体に巻いたり羽織るなどして用いられ、今日では儀式の際や防寒用として使用されることが多い織物です。ゆったりとした大きさを活かして家具のクロスやカバーリングなどお部屋のインテリアのアクセントに、そして生地素材などとして、アジアの息吹を暮らしの中で様々にお楽しみ下さい。

〔注〕サイト内文章・画像の無断転載・使用はお止め下さい。


ナガ族ボディクロス(ブランケット)

商品番号 T-BN-027
サイズ 104×166cm(フリンジ除く)
素材 綿
生産地 ミャンマー(ビルマ)~インド
価格 7,000円(税込)


こちらの商品は1点物です

こちらの織物は【ゆうパック(地域別料金)】
【定形外郵便(700円)】共にご利用頂けますが、大きめの梱包となりますので、
【ゆうパック】での発送をおすすめ致します。

◆ 配送&送料について ◆
(こちらでご確認下さい↑)