タイ族浮織りパネル布

タイ族の織物

- 商品詳細 -

ラオス北部に暮らすタイ・ルー族の浮織りパネル布です。
花文などの幾何学模様が天然染料によって浮織りされており、浮織り糸には手紡ぎの綿が使用されております。
タイ族の人々がつくり出す織物には、家族のための日用生活品に因んだものが多く見受けられますが、こちらの織物からもそうした家族への温かな気持ちが、素朴な風合いと共に感じられます。
タイ族に伝わる浮織りの技術を、どうぞお楽しみ下さい。

- 用途など -

こちらのタイ・ルー族のパネル布は、旅先や寺院での簡易寝具・敷物としてつくられた織物です。このまま簡易敷物として使用されていた様子ですが、パーレェープのように縁布を付けられても宜しいかと思います。お部屋のインテリアのアクセントやディスプレイに、浮織り部分を生かして布雑貨製作時の生地素材になど、アジアの息吹を暮らしの中で様々にお楽しみ下さい。

【備考】

こちらのパネル布は1990年頃につくられた古布となります。経年に加えて実際に使用されていた品のため、黄ばみや使用感が全体的に見られます。下に画像を載せておりますので、どうぞ参照下さい。ご注文の際は以上の点をご理解・ご了承の上お願い致します。織物の状態についてご不明な点がおありの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

〔注〕サイト内文章・画像の無断転載・使用はお止め下さい。


タイ族浮織りパネル布

商品番号 T-LTL-033
サイズ 51×154cm (フリンジなし)
素材 綿
生産地 ラオス
価格 6,500円(税込)


こちらの商品は1点物です

こちらの織物は【ゆうパック(地域別料金)】
【定形外郵便(500円)】共にご利用頂けます

◆ 配送&送料について ◆
(こちらでご確認下さい↑)