タイ族浮織り布

タイ族の織物

- 商品詳細 -

タイ北部ナーンのタイ・ルー族が暮らす村でつくられた、素朴な風合いの浮織り布です。
こちらの浮織り布は1980年頃につくられた織物で、緯糸には細く紡がれた生成り色の手紡ぎ綿が使用されており、小さなナーガ(水の神/守護の神)、S字、鉤、鋸、などの幾何学模様が紫と赤の彩りで細かに浮織りされており、素朴さの中に気品が漂います。
フリンジ部分はボンボリのような房状につくられており、この織物のアクセントとなっております。
素朴さの中に可愛らしい風情がほんのりと感じられる織物です。

- 用途など -

素朴な手紡ぎ綿の素材感と細かな浮織りの技術が魅力のこちらの織物。イカットハンガーや竹材などに掛けて絵画代わりのタペストリーとして壁のディスプレイに、家具のクロスやカバーリングなどお部屋のインテリアのアクセントに、そして生地素材などとして、アジアの息吹を暮らしの中で様々にお楽しみ下さい。

【備考】

こちらの浮織り布は1980年頃につくられた古布です。地の生成り地部分に2㎝程のシミの箇所と、小さなシミの点在箇所が見られ(下の画像を参照下さい)、多少の経年感はございますので、ご注文の際はその点をご了承の上お願い致します。織物の状態についてご不明な点がおありの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

〔注〕サイト内文章・画像の無断転載・使用はお止め下さい。


タイ族浮織り布

商品番号 T-TTL-007
サイズ 62×190cm (フリンジなし)
素材 綿
生産地 タイ
価格 8,500円(税込)


こちらの商品は1点物です

こちらの織物は【ゆうパック(地域別料金)】
【定形外郵便(500円)】共にご利用頂けます

◆ 配送&送料について ◆
(こちらでご確認下さい↑)