タイ族パーチェッ

タイ族の織物

- 商品詳細 -

タイ北部ナーンのタイ・ルー族が暮らす村でつくられた、ムアンガン・スタイルの肩掛け布パーチェッです。
通常のパーチェッは白地に黒や赤で浮織りが施されるシンプルなものが多いのですが、当時タイ領土であったムアンガン(現在はラオス領)から200年程前にこの地に移住してきたタイ・ルー族によるこちらのパーチェッは、華やかな彩りで織り上げられ、フリンジにはボンボリ状の房が付けられるなど独特の風合いを持っております。
時と場所が移ろう中で受け継がれてきた、艶やかな風合いの伝統織物です。

- 用途など -

パーチェッはラオスではパービアンに相当する肩掛け布ですが、パービアンは女性が身に着けるのに対し、パーチェッは男性が身に着けます。文字通りの意味合いは手拭いでありますが、実際にはお寺の行事や祭事の際に男性が肩に掛ける織物で、女性が好きな男性に贈るプレゼントとしてつくられてきた織物でもあります。艶やかな風合いを活かして、イカットハンガーや竹材などに掛けて絵画代わりのタペストリーとして壁のディスプレイに、テーブルランナーなどお部屋のインテリアのアクセントに、そして生地素材などとして、アジアの息吹を暮らしの中で様々にお楽しみ下さい。

〔注〕サイト内文章・画像の無断転載・使用はお止め下さい。


タイ族パーチェッ

商品番号 T-TTL-063
サイズ 27.5×176cm (フリンジ除く)
素材 綿
生産地 タイ
価格 3,200円(税込)


こちらの商品は1点物です

こちらの織物は【ゆうパック(地域別料金)】
【定形外郵便(500円)】共にご利用頂けます

◆ 配送&送料について ◆
(こちらでご確認下さい↑)