ティモール島縫取り織り腰布(マウ・ブナ)

ティモール島縫取り織物写真

- 商品詳細 -

こちらの織物は1990年頃にティモール島のアマナトゥンにてつくられた、天然染料による男性用縫取り織り腰布(マウ・ブナ)です。
ブナ(縫取織り)部分に黒をバックに烏賊文と、小さな鳥が織り込まれた素敵な風合いの“三枚はぎ”の織物です(三枚はぎについて ≫)
この縫い取り織りの技法は高い技術を必要とし、昨今ではこれほど状態の良い古布のブナは見つけにくくなっております。

- 用途など -

腰布としてつくられた大判サイズのこちらのティモール島の織物。豊かな織り柄を生かすようにイカットハンガーや竹材などに掛けて絵画代わりのタペストリーとして壁のディスプレイに、大きめの家具のカバーリングやテーブルクロスなどお部屋のインテリアに、そして生地素材になど、アジアの息吹を暮らしの中で様々にお楽しみ下さい。

【備考】

こちらの織物は1990年頃につくられた古布です。若干の経年感と、真ん中のパネル布の縫い合わせに若干の歪みは感じられますが、状態の良い織物です。ご注文の際は古布である点をご了承の上お願い致します。織物の状態についてご不明な点がおありの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

〔注〕サイト内文章・画像の無断転載・使用はお止め下さい。


ティモール島縫取り織り腰布

商品番号 T-IT-015
サイズ 110×165cm(フリンジ除く)
素材 綿
生産地 インドネシア
価格 30,000円(税込)


こちらの商品は1点物です

・こちらの織物は送料無料です・

【ゆうパック】 【定形外郵便】
共にご利用頂けますが、
大きめの梱包になりますので、
【ゆうパック】での発送をおすすめ致します。

◆ 配送&送料について ◆
(こちらでご確認下さい↑)