サブ島絣布(ヒギ・フリ)

サヴ島イカット織物写真

- 商品詳細 -

島嶼国インドネシアの東部に連なるヌサトゥンガラの島々。
そのヌサトゥンガラの島々の中で、スンバ島とティモール島のほぼ中間に浮かぶサブ島(サヴ島)は6万人程の人々が暮らす小さな島で、落ち着いた色彩に文様が浮かぶ優雅な風合いの織物がつくられております。
こちらの肩掛け布ヒギ・フリは、落ち着いたちょっと薄めの黒をベースに、白抜きと茶~赤の彩りで幾何学文様が織り込まれた現代物で、合間には黄・茶・白でラインが施されております。
「イカット(絣布)の島」サブ島の女性らしさ漂う手織り布を、どうぞお楽しみ下さい。
尚、中央部は文様の括りの際に生まれた“無絣”となっております(無絣の部分について ≫)。下に中央部の画像を載せておりますので参照下さい。

- 用途など -

サブ島絣布の肩掛け布(スレンダン)は、男性の腰巻兼肩掛け用の織物と同様にヒギ・フリと呼ばれます。ちょっとしたアクセントに丁度良い大きさの織物で、イカットハンガーなどに掛けてタペストリーとして壁のディスプレイに、テーブルランナーなどお部屋のインテリアに、そして生地素材などとして、アジアの息吹を暮らしの中で様々にお楽しみ下さい。

〔注〕サイト内文章・画像の無断転載・使用はお止め下さい。


サブ島絣布(ヒギ・フリ)

商品番号 T-ISA-023
サイズ 16×116cm(フリンジ除く)
素材 綿
生産地 インドネシア
価格 3,900円(税込)


こちらの商品は1点物です

こちらの織物は【ゆうパック(地域別料金)】
【定形外郵便(500円)】共にご利用頂けます

◆ 配送&送料について ◆
(こちらでご確認下さい↑)