ナガ族の織物Naga Textile

ナガ族の腰衣

ミャンマー北西部~インド北東部に暮らす山岳民族ナガ族の力強さ溢れるボディクロスとショールです。

ボディクロスはかつては日常着として体に巻いたり、マントのように羽織ったりして使用されてきた大判の織物で、今日では儀式の際や防寒用として使用されます。

布一面に幾何学模様などのモチーフが織り込まれたものから、子安貝(宝貝)のあしらわれた戦士の纏い布、一部の支族でのみつくられる麻素材など様々なスタイルが見られ、アジアでつくられた織物でありながら、その枠に留まらない独特の力強さを持っております。
アジアのダイナミズムを感じさせてくれるナガ族の織物をお楽しみ下さい。

サイト内文章・画像の無断転載・使用はお止め下さい。

山岳民族ナガ族ボディクロス
ミャンマー北西部に暮らすナガ族のストライプのブランケット(ボディクロス)no.T-BN-021
¥7,000(税込)

山岳民族ナガ族ボディクロス
ミャンマー北西部に暮らすナガ族の幾何学模様が織り込まれたブランケット(ボディクロス)no.T-BN-027
¥7,000(税込)

山岳民族ナガ族ボディクロス
ミャンマー北西部に暮らすナガ族の伝統の麻製ブランケット(ボディクロス)〔古布〕no.T-BNH-001
¥13,000(税込)

サイト内文章・画像の無断転載・使用はお止め下さい。