アジアの織物・バリ島 & カレン族シルバーアクセサリー・民族アートの通販ショップ

❖ 12,000円以上のご注文で送料無料 ❖ (クレジットカード・代金引換・後払い)

アジアの手織物、アジアンシルバーアクセサリー、民族アートのインターネット通販ショップ「PANDAN TREE」

バングル(カフブレスレット)の着け方

「バングルの隙間(スリット)はどれ位広げて着けたら良いんでしょうか?」
といったご質問を時折頂きます。

そこで、こちらのコーナーでは、当店のカレンシルバーやバリシルバーのようなスリットのあるバングル(カフブレスレット)の着け方についてご紹介をさせて頂きます。
お気に入りのバングルを痛めずに長く愛用頂けるよう、どうぞご一読下さいませ。

◆カレン族シルバーバングルの商品一覧はこちら 矢印

◆バリ島シルバーバングルの商品一覧はこちら 矢印

注:文章や画像の無断転用・転載(引用)はお止め下さい。

スリット(隙間)の幅

装着のためのスリットの隙間は手首の幅程も必要なく、女性の方でしたら2cm前後、男性の方でも3cm前後で大丈夫かと思います。

急激にスリットを広げたり狭めたりせず、様子を見ながらちょっとずつ優しく調節して下さい。

最初に一度、2~3cm程でご自身に丁度良い隙間を開けた後は、万一の金属疲労を避けるため、広げたり狭めたりと動かさず、隙間の幅は固定したままでお使い下さい。

バングル(カフブレスレット)の着け方

着ける方向は、下のイラストの様に手首内側の横(の窪み辺り)から滑り込ませるようにはめて下さい。

手のサンプル

「でも、手首内側の横から入れるって言っても、2~3cmより手首って厚みがあるよね・・・。」
と思われるかと思いますが、人間の体は柔軟なもので大概は2~3cm程のスリット幅で問題なく着けられます。

◆着け方実践
まずは、手首の内側からバングルをスリスリと手首の幅の3分の1程滑り込ませます。
あとはバングルの片側をクルッと手首外側に回して頂くと(右利きの方ならバングル左側を、左利きの方ならバングル右側を)、手首の厚み以下のスリットの隙間で、問題なく入ります。

着ける度にスリットを広げて、着けた後に締めて、外す際にまた広げて・・・といった使い方をしていると、薄手の物でしたら、ある日突然、悲しい事に金属疲労でポッキリと折れる事があります。

上にも書かせて頂きましたが、大事な点ですのでもう一度書かせて頂きますね↓。

“最初に一度、2~3cm程でご自身に丁度良い隙間を開けた後は、万一の金属疲労を避けるため、広げたり狭めたりと動かさず、隙間の幅は固定したままでお使い下さい。”

カレンシルバーバングルには仕入れをした段階ではスリットの隙間が全くない物もあり、検品の際に装着用の隙間2~3cm程を当店で作らせて頂いております。
その状態で手首内側のサイドから滑り込ませてお使い頂けるようでしたら、あまり隙間を動かさずにそのままの状態でご利用下さいませ。

追記

最初は着け慣れていなくても、一度コツを掴むと簡単にサッと身に着けられるアクセサリーとしてバングル(カフブレスレット)は便利なアイテムです。
ダイナミックなデザインの物で存在感を出したり、細身のバングル同士や様々なブレスレットとの重ね着けなど、色々とお楽しみ頂けます。

皆さんも、どうぞバングルの魅力をお楽しみ下さい。

注:文章や画像の無断転用・転載(引用)はお止め下さい。

カレンシルバーバングル